糖尿病の改善と生活習慣|規則正しい生活をしよう

食事と運動が大切です

メンズ

必要なカロリー制限

糖尿病の高血糖が高いままの高血糖状態が続く病気で、さまざまな合併症が引き起こされます。進行すると一生透析が必要になるなど、完治しづらいのが特徴です。糖尿病の改善には、食事療法が有効です。カロリーを制限し、栄養バランスのよい食事を心がけます。海藻類、野菜などの血糖値を上げにくい食品から食べ始め、血糖値の上昇をゆるやかにすることが大切です。欠食はよくありません。食事を1回抜いて次に食べたときには、海藻類、野菜から食べたとしても、血糖値が急激に上昇します。規則正しく食事を摂ることが大切なのです。揚げ物など、高カロリーの食事はよくありませんし、甘いものの摂りすぎもマイナス要因になります。よく噛んで食べることは症状の改善にプラスです。

大切な有酸素運動

糖尿病の改善には、運動不足は大敵です。食事療法と平行して行われるのが、運動療法です。適度な運動は、血糖値のコントロールに効果があります。運動をすると、血糖が消費されるので、血糖値が下がります。さらに、インスリンの必要量が減ることで、肝臓の負担も減少します。インスリンは、血糖値を下げるホルモンなので、肝臓を元気にしておくことは非常に重要です。肝臓はインスリンの分泌以外にも重要なはたらきをしているので、肝臓がダメージを受けると、結果的に糖尿病も悪化してしまいます。改善のためには、毎日有酸素運動を続けて行うことが必要です。激しい筋トレをするのではなく、散歩や水中ウォーキングなどを30分から1時間程度行います。