ホワイトニングの効果を持続させるために対策を練ろう

ホワイトニングの効果を持続させるために対策を練ろう

歯

指示を守る

ホームホワイトニングやマウスピース型を付けての矯正歯科治療を受ける際に、京都の歯科医院を利用することもあるかと思います。治療をスムーズにするためにはしっかりと医師の指示を守りましょう。
特にホームホワイトニングを実施するときには白さを持続させたいものです。実施する際には決まった時間に行なうと白くなりやすいといわれています。

口

ホワイトニング後に気を付けること

ホームホワイトニングで薬剤を注入したマウスピースを付けた後は、しっかりと口をすすぐのがポイントです。薬剤が残っているとそこに汚れが付着しやすくなるからです。
そのため、装着後の食事にも気を付けましょう。できれば一時間は飲食を避けることをおすすめします。朝は食事のタイミングが難しいと思うので、できれば夕食後にホワイトニングは行なったほうがいいです。
矯正歯科を行なう際にも、また別の注意点があるので必ず確認しておくべきです。

矯正歯科の種類も確認しておこう

  • 表側ブランケット
  • 下側ブランケット
  • マウスピース矯正
  • 部分矯正
  • ハーフリンガル
  • ハイブリット

広告募集中