インビザラインという矯正方法を知れば一歩踏み出せる

歯の噛み合わせは体全体に影響する

事故や病気によって、大人になってから歯並びが悪くなることもあります。噛み合わせが悪いと子供の成長にもよくありませんし、大人も健康状態が悪くなってしまうのです。

年代による矯正方法の違いがある

1期治療

まだ永久歯が生えそろっていないときにも矯正は始めることができます。治療中に顎も発達していくため、大変予測が難しい方法です。主に前歯の永久歯が生えそろったときに矯正を開始し、成長によって経過をみていきます。

2期治療

既に永久歯が生えそろっているので、治療はいつからでも開始できます。大人になってからだと矯正が難しいと思い込んでいる人は間違いです。横顔のフォルムに悩んでいた人でも、約二年ほどで理想的な輪郭を手に入れることができます。

インビザラインという矯正方法を知れば一歩踏み出せる

マウスピース

海外へ行こうと考えている人は注目!

将来的に海外で働きたい、留学したいと考えている人は、自分の歯並びを見直してみましょう。なぜ歯並びなのかというと、特に欧米では歯並びの良さは印象に大きなアドバンテージを与えるからです。そのため、アメリカでは矯正歯科治療が歯科医院の標準的な治療として扱われてきました。

歯

見えない矯正治療ができる

大人になってからだと、矯正器具を付けての治療が難しいケースもあるでしょう。そんなときは新宿駅近くの歯科医院でも受けられるインビザラインに注目すべきです。
インビザラインはマウスピースを一定時間付けることで、歯列を動かしていく治療です。顎全体がずれている人には合わない治療方法ですが、軽度の歯列矯正なら十分に美しい歯並びが手に入る治療です。

マウスピース

専門の治療院で受ける

インビザラインを使ってきちんとした歯になりたいという人は、新宿駅にある矯正歯科専門の歯科医院を受診すると良いです。
そうすれば審美性も高められますし、治療中の虫歯トラブルにもすぐに対応してくれます。

インビザライン矯正治療のフロー

カウンセリングと精密検査

治療費用の目安を知るためにも、無料相談を行なってくれる歯科医院を受診しましょう。未成年が治療を始めるには、高額な費用ということもありますし保護者の同伴が必要です。その後口の状態を確かめるために口の中をスキャンしていきます。

マウスピースの発注

治療を始める前に虫歯治療もしていきますが、このときにマウスピースを発注します。インビザラインはアメリカのアライン・テクノロジー社が受注を行なっています。デジタル技術によって患者の歯列や理想的な歯列に合わせてマウスピースが作られるのです。

治療開始と通院

マウスピースができたら最初は一ヶ月単位で通院が必要です。アタッチメントの装着は当初は約10日ごとに変わっていくので、規定どおり通院しなければなりません。装着時間は一日20時間となっています。食事のときは外すことができます。

広告募集中